還元率が高いクレジットカードは?

高還元率で得になるクレジットカード2017年版【人気ランキングベスト3を徹底比較】

初めてクレジットカードを作るときや、新たにカードを増やしたいとき、あなたはどんなことを基準にクレジットカードを選んでいますか?

 

年会費や使いやすさも大事ですが、気になるのはポイントの還元率

 

最近では、どのクレジットカードを選んでもだいたい1%以上の還元率のものが多く、使い方によっては5%以上になることも。

 

どのクレジットカードも上手に活用することで、年間数万円単位でお得になることもあるので、作るならお得なカードの方が良いですよね!

 

 

それでは、今回はポイント還元率が高いクレジットカードについてご紹介させていただきます。

 

還元率が高いクレジットカードランキング ベスト3

順位 カード名称 年会費 還元率

還元率が高いクレジットカード一位

リクルートカード

RECRUIT CARD
(リクルートカード)
永年無料 1.20%〜4.2%
還元率が高いクレジットカード二位 dカード dカード/dポイントカード(旧DCMX) 初年度無料
(2年目以降利用がない場合は1250円+税)
1.00%〜6.00%
還元率が高いクレジットカード三位

楽天カード

楽天カード 永年無料 1.00%〜6.00%

 

【1位】 RECRUIT CARD(リクルートカード)

リクルートカード

高還元率1.2%、年会費は永年無料で、nanacoへクレジットを利用してのチャージでは1.2%貯まる、魅力的なクレジットカードです。

 

リクルートカードのおすすめポイント 4つ

  • 驚異の高還元 1.2%
  • 年会費は永年無料、選べる国際ブランド
  • じゃらんやホットペッパービューティなどでもポイントが使えてカード利用で最大4.2%ポイント還元
  • リクルートポイントをポンタポイントへ交換するとポンタ提携店でも使える!

 

リクルートカードは還元率が高くポイントが貯まりやすい

リクルートカードはポイントが貯まりやすいので、普段のお買い物や公共料金のお支払いもカードで、とお考えの方におすすめ!

 

例えば10000円のお買い物で120円分のポイントが貯まります。

 

スマホや光熱費などの公共料金のお支払いだけでもクレジットカードにすると、毎月どんどんポイントが貯まりますね。

 

年会費は永年無料

リクルートカードは「VISA」か「JCB」どちらかの国際ブランドから選ぶことができます。
どちらも加盟店が多いのでお好みで選びましょう。

 

さらに、国内・海外旅行傷害保険(利用付帯)、ショッピング保険もついているので、購入した商品が破損・盗難にあっても安心です。

 

旅行やショッピングでもポイントが使える

リクルートカードは、じゃらんやポンパレモール、ホットペッパー、ホットペッパービューティなどのサイトでポイントを使うことができます。

 

・じゃらんでの利用例
じゃらんnetで10%還元プランを予約
サービスを利用すると2%還元
リクルートカードで決済すると合計で13.2%還元

 

他のクレジットカードでもポイントは貯まりますが100円で1ポイント、200円で1ポイントのクレジットカードもあるので、じゃらんやホットペッパービューティ、ホットペッパーといったリクルート関連サイトをよく利用する方はリクルートカードがおすすめです。

 

pontaポイントにも交換できる

ローソンや高島屋、カラオケ本舗まねきねこ、ケンタッキーやピザハットなどで貯まる・使えるpontaポイント。
リクルートカードで貯めたポイントをpontaポイントに交換することができるので、ローソンで商品のお試し引換券と交換して使うことも。

 

しかも、pontaだけではなくdポイントと相互交換することもできるので、dカードを利用している方がリクルートカードをサブカードとして使うのもおすすめです!

 

リクルートカード まとめ

 

  • リクルート関連サイトをよく利用している方におすすめ!
  • 貯まったポイントはpontaポイントやdポイントと相互交換可能
  • 還元率が高くポイントが貯まりやすい

 

他のクレジットカードよりも高還元率のリクルートカード

 

貯まったポイントでお食事やネイル、ヘアサロンもお得に行くことができます。

 

還元率が高いクレジットカードを探しているなら、リクルートカードが一番ですね。

 

 

リクルートカードの詳細はこちら
http://recruit-card.jp/

 

【2位】dカード/dポイントカード(旧DCMX)

dカード

可愛らしいインコの兄弟のCMですっかりおなじみとなったdカード。

 

ドコモユーザーにおすすめの1枚です。

 

dポイントはドコモだけではなく、ネットショッピングや街でのお買い物もお得になります。

 

dカードのおすすめポイント 4つ

  • 毎週土曜日はポイント5倍
  • dカードの優待サービスがある
  • dポイントクラブクーポンで対象商品が割引、サイズアップなど
  • 貯まったポイントは携帯の利用料金に充当、商品券やマイルとの交換も可能

 

毎週土曜日はポイント5倍

dケータイ払い+でのお支払いで、土曜日はポイントが3倍、5倍となるキャンペーンです。

 

※月によってポイント倍率が変更になります。

 

ドコモのケータイをご利用中の方はもちろん、ドコモではない方も、利用可能。
dカードやdカード以外のMasterやVisaでのクレジットカード払いにすると、dポイントがもらえるサービスです。

 

対象ショップ

  • 無印良品ネットショップ
  • らでぃっしゅぼーや
  • サンプル百貨店
  • ABC-MARTオンラインストア
  • アニメイトオンラインショップ
  • メルカリ
  • JINS

などなど…

対応しているお店はまだ少ないですが、土曜日にお買い物をすれば3〜5%のポイント還元となり、お得にお買い物をすることができます。

 

詳しくはドコモの公式サイトをご覧ください
ドコモ利用案内(ドコモのケータイ払い)

 

dカードの優待サービスがある

獲得ポイント数に応じてステージが設定されており、各ステージ毎に様々優待を受けることができます

 

毎年12〜5月、6月〜11月の各半年間で取得したポイント数や保有しているカードの種類などでステージが決まります。

 

600ポイント未満 レギュラー
600ポイント以上 ブロンズ
3000ポイント以上 シルバー
10000ポイント以上 ゴールド

 

ドコモを長く利用している人は、継続利用10年以上であれば、獲得ポイント数600ポイント未満でもブロンズに、15年以上継続利用していればシルバー以上になります。

 

またカードの種類によって適応ランクが変わります。

 

dカード(旧DCMX)はブロンズ以上に、dカード(旧DCMX)のゴールドカードを持っているとゴールドランクが適用になります。

 

 

 

dポイントクラブクーポンで対象商品が割引、サイズアップ

dポイントクラブクーポンとは、ショッピングやグルメ、旅行などで使うことができるお得なクーポンで、dポイントクラブ会員であれば利用することができます。

 

また、アプリをダウンロードすればスマホの画面をお店の方に見せることでクーポンとして使うこともできるので便利!

 

ローソンやマクドナルドでは対象商品が割引になったり、ドトールではドリンクのサイズアップができるクーポンが配布されるので、こまめに確認してお得にお食事やお買い物を楽しみましょう。

 

 

貯まったポイントは携帯の利用料金に充当、商品券やマイルとの交換も可能

月々のケータイ払いやお買い物などでの利用で貯まったポイントは、様々な使い方ができます。

 

利用先によって交換レートや利用できる単位が異なりますので、簡単にですがその一例をご紹介します。

 

利用先 単位・交換レート
dマーケットでの利用 1ポイント=1円
dポイント加盟店での利用 1ポイント=1円
DCMX(iD)クーポン(iD利用代金の請求時値引き) 2000ポイント=2000円
ケータイ本体や充電器などドコモ商品の購入 100ポイント=100円
ケータイの利用料金に充当 3000ポイント=3000円(1回の利用で3000ポイント以上100ポイント単位で利用可能)
Pontaに交換 等価交換
商品券との交換 8000ポイント=5000円
家電製品やグルメカタログなどの商品との交換 2500ポイントから
JALのマイルに交換 5000ポイント=2500マイル

 

dポイントはローソンお試し引換券に交換ができる

貯めたポイントをローソンで利用する場合、pontaポイントに交換してからお会計時に値引きでしたが、最近ローソンのお試し券発行時にdポイントを使うことができるようになりました!

 

お買い物のお会計でポイントを使いたい場合は今まで通りdポイントからpontaポイントへ交換する必要がありましたが、引換券発行にdポイントを使うなら店頭にあるLoppiでの操作だけでOK

 

気になっていたあの商品をdポイントを使って気軽にお試しすることができますよ。

 

dカードとdカードゴールド、実際はどっちがお得?

dカードには、年会費無料で持つことができる「dカード」と年会費は有料だけどお得なことが多いdカードゴールドの2種類があります。

 

ドコモユーザーがdカードゴールドを持っていると、毎月のケータイ料金が10%還元になる特典がついていますが、それ以外にdカードゴールドを持つメリットはあるのでしょうか。

 

dカードとdカードゴールドのメリットを比べてみました!

 

dカード

dカードゴールド

年会費(本人カード分)

年1回以上利用で無料(利用がない場合は1250円+税)

10000円+税

年会費(家族カード分)

年1回以上利用で無料(利用がない場合は400円+税)

1枚目は無料

dポイントクラブの優待

ブロンズ以上

ゴールド

ケータイとドコモ光の利用料金還元率

1%(半年で10000ポイント以上獲得しゴールドになれば%還元)

10%

プレミアムクーポン(ホテル宿泊などが抽選で当選)

半年で10000ポイント以上獲得しゴールドになれば可能

利用可能

dマーケット特典(dTVやdミュージックのクーポン)

半年で10000ポイント以上獲得しゴールドになれば可能

利用可能

ケータイ補償(事故や紛失などで修理不可能な状態になったとき同一機種の購入費用を負担)

最大1万円補償(購入から1年以内のみ)

最大10万円補償(購入から3年以内)

dカードゴールドデスク(ゴールド会員専用問合せ窓口)

×

利用可能

海外旅行保険

×

最大1億円

海外航空便遅延費用特約、家族特約

×

利用可能

国内旅行保険

×

最大5000万円

国内航空便遅延費用特約

×

利用可能

買い物あんしん保険

年間100万円まで

年間300万円まで

ラウンジ利用(全国28の空港ラウンジが無料で利用可能)

×

利用可能

USJドコモラウンジ(アトラクションの優先乗車もあり)

×

利用可能

VJデスク(旅のサポート)

利用可能

利用可能

海外レンタカー

利用可能

利用可能

海外緊急サービス

利用可能

利用可能(無料)

 

dカードゴールドを使うメリット

dカードゴールドでは、毎月のケータイとドコモ光の利用料金の還元率が10%

 

空港ラウンジが無料で使うことができます。

 

家族でドコモのケータイ、ドコモ光を利用している方、旅行によく行く方、USJに行く機会が多い方でしたら年会費を払ってでもdカードゴールドを選ぶのがおすすめです。

 

dカードの利用だけで半年間で10000ポイント獲得する方法

スマホやドコモ光の料金還元率が10%なのは魅力的だけど年会費を払ってdカードゴールドを持つのは気が進まない
という方へ、普通のdカードでも半年で10000ポイント獲得するとゴールドステージにランクアップ!

 

スマホ料金やドコモ光の料金がdカードゴールドでなくても10%還元の対象になります。

 

しかし、ゴールドステージにランクアップするためには

  • 1%還元の場合半年間で100万円のカード利用
  • 土曜日はポイントがお得につく「dケータイ払いプラス」を利用
  • いつでもポイント3倍のdマーケットを上手に活用

 

ポイント還元率の平均をアップさせ、還元率2.0%程度になったとしても半年で50万円、1か月で約85000円の利用が必要です。

 

メインのクレジットカードとして、公共料金や日々のお買い物の支払いもすべてdカードにしていたら、半年で50万円の利用も無理ではないかもしれませんね。

 

dカード まとめ

  • 貯まったポイントは携帯の利用料金に充当、商品券やマイルとの交換も可能
  • dカードの優待サービスがある
  • ドコモユーザーじゃなくてもお得にポイントを貯めることができる

 

今までのDCMXはドコモユーザーがメインターゲットのクレジットカードでした。

 

実際に、ドコモショップで勧められてカードを作ったという方もいらっしゃるでしょう。

 

今回の共通ポイントカード参入によって、ドコモを使っている方もそうでない方でもお得にポイントを貯めることができるようになり、注目度が高まっているクレジットカードのひとつです。

 

今現在はマクドナルドやローソンでの利用がお得なので、よく利用するという方にはおすすめです。

 

今後、提携店舗がどれくらい増えていくのか注目です。

 

 

dカードの詳細はこちら
http://d-card.jp/st/

 

 

【3位】楽天カード

楽天カード

ポイントがざくざく貯まるクレジットカードの楽天カード。

 

楽天市場を利用する際に楽天カードを利用するとポイントが3倍、楽天アプリや楽天モバイルの利用でさらにお得に、最大6倍のポイントが貯まります。

 

楽天カードのおすすめポイント 4つ

  • 年会費は永年無料、楽天カードは種類が豊富
  • 楽天市場の利用でいつでもポイント最大7倍
  • 楽天グループ以外のサイト利用や街でのお買い物でもポイントが貯まる
  • 楽天グループ以外のポイントと交換できる

 

年会費は永年無料、楽天カードは種類が豊富!

楽天カードは年会費が無料で、国際ブランドはvisa・Master・JCBの3種類の中からお好みのものを選ぶことができます。

 

JCBを選ぶとnanacoへのチャージで、Masterならau WALLETへのクレジットカードチャージでポイントが貯まります。

 

楽天カードの種類が豊富!自分に合ったものを選びましょう

 

楽天カードは用途に合わせ、以下の8種類のクレジットカードを発行しています。
カードの種類と簡単な説明がこちら。

 

  • 楽天カード
  • 楽天PINKカード(女子の味方、カスタマイズサービス付き)
  • 楽天ゴールドカード(年会費2000円+税)
  • 楽天プレミアムカード(年会費10000円+税)
  • 楽天ANAマイレージクラブカード(ANAマイレージクラブ機能がセットに)
  • 楽天銀行カード(キャッシュカードとクレジットカードが1枚に)
  • 楽天カードアカデミー(18歳以上の学生限定)
  • 楽天ビジネスカード(法人代表者および個人事業主のみ申し込み可能)

 

楽天PINKカードは年会費が無料ではありますが、別料金で楽天グループ優待サービスやライフスタイル応援サービス、女性のための保険を追加することができます。

 

ANAをよく利用する方でしたら、楽天ANAマイレージクラブカードが便利です。

 

楽天市場の利用でいつでもポイント最大7倍

2016年から、楽天カードを利用しての楽天市場でのお買い物がかなりお得になりました。

 

ポイント内訳

100円につき

ポイントの種類

付与予定

通常利用ポイント

1ポイント

通常ポイント

翌日

楽天カード利用通常ポイント

1ポイント

通常ポイント

翌日15日頃

楽天カード利用特典ポイント

2ポイント

翌々月15日頃

翌々月15日頃

プレミアムカード利用特典ポイント

1ポイント

翌々月15日頃

翌々月15日頃

楽天市場アプリ利用特典ポイント

1ポイント

期間限定ポイント(獲得月翌月末まで約40日間利用可能)

翌日15日頃

楽天モバイル契約者特典ポイント

1ポイント

期間限定ポイント(獲得月翌月末まで約40日間利用可能)

翌月25日頃

 

利用できる期間が決まっている期間限定ポイントでの付与分もありますが、楽天市場アプリを利用し、楽天市場でお買い物、お支払いは楽天カードを使うと、ポイント5倍になります。

 

楽天市場のポイントアップキャンペーン

ご存知の方も多いと思いますが、楽天市場では「楽天スーパーセール」や「楽天お買い物マラソン」など、ポイントが増えるイベントを頻繁に実施しています。

 

事前にエントリーが必要なものもあるので、お買い物前に確認しておくと思わぬポイントをもらえることも!

 

しかし、ポイントアップ分のポイントは期間限定ポイントで付与されることがありますのでよく確認しておきましょう。

 

 

街でのお買い物でもポイントが貯まる

楽天カードは楽天市場や楽天グループサイト以外での利用でもポイントが貯まります。

 

通常のお買い物では100円で1ポイント、ポイント加盟店を利用する際に楽天カードを使えば、100円につき最大3ポイント付与。

 

楽天ダイニング加盟店でのカード払いではポイント2倍に。

 

 

楽天市場などの楽天グループサイトを利用する機会が少ない方でも日々のお買い物でポイントが貯まりますね。

 

 

 

楽天グループ以外のポイントと交換できる

楽天スーパーポイントは、楽天市場や楽天トラベルといった楽天グループサービスはもちろん、他のポイントに交換することも可能です。

 

楽天グループサービス利用 1ポイント=1円分
楽天Edy 1ポイント=1円分(10ポイント以上1ポイント単位で交換可能)
ANAマイレージクラブ 2ポイント=1マイル(50ポイント以上2ポイント単位で交換可能)
デルカ(オートレースの投票に使える電子マネー) 1ポイント=1ポイント(50ポイント以上1ポイント単位で交換可能)

 

さらに、ミスタードーナツやサンクスなどの利用の際にもポイントが貯まりますし、ポイントでお会計を済ますことも可能です。

 

楽天カード まとめ

 

  • 楽天グループサイトでも街での利用でもポイントが貯まる、使える
  • ポイントが増えるイベントやポイント加盟店が多い
  • 還元率は1%、キャンペーンを利用することでどんどんポイントが貯まる

 

私は楽天カードを10年ほど利用しています。

 

申し込みが簡単だったのも選んだ理由の一つなのですが、よく楽天を利用していたのでお得にポイントが貯まるなら、と楽天カードを選びました。

 

ポイント還元率は高くはないものの、ポイントが増えるイベントを利用してポイントを貯めています。

 

 

毎日のお買い物はもちろん、楽天グループサイトや楽天スーパーポイント加盟店を利用する機会が多いのであれば、年会費無料で電子マネーも使える楽天カードがおすすめです。

 

楽天の詳細はこちら
http://www.rakuten-card.co.jp/

 

クレジットカードを作るなら還元率が高いカードを選ぼう

いかがでしたか?

 

  • 高還元率のリクルートカード
  • ドコモユーザーもそうでない方もポイントが貯まりやすいdカード
  • 楽天グループサイトを利用する機会が多いなら楽天カード

 

リクルートカードは還元率は高いものの、リクルート関連サイトを利用する機会が少ない方はそれほど魅力に感じないかもしれません。

 

それぞれ還元率が高いといえば高いクレジットカードです。

 

私は先ほどもお伝えした通り、楽天カードを長年利用しており、これからも利用するつもりです。

 

ご自身のライフスタイルやニーズに合わせ、最適なクレジットカードを選びましょう。