クレジットカードの後悔しない使い方【カード利用時の手数料について】

クレジットカードの手数料【無料では利用できない?】

クレジットカードの手数料に関して

 

便利なクレジットカード。

 

大きな買い物をするときはもちろん、普段のお買い物や公共料金の支払いもカードにしているという方もいらっしゃるでしょう。

 

お店によっては、提携のクレジットカードを作るとポイントや割引サービスがあり、何枚も持っているという方も少なくはありません。

 

クレジットカード、実は利用するためには手数料がかかることもご存知ですよね。

 

でも、その手数料にはどういったものがあるのかすぐに答えれる方って意外と少ないのが事実。

 

クレジットカードを使うなら、無駄な手数料を払わずに、お得に賢く利用したいですね。

 

今回はクレジットカードの手数料について、詳しくご紹介します。

 

 

クレジットカードを1年間所持するための【年会費】

クレジットカードの年会費

年会費とはそのクレジットカードを1年間利用するために必要な手数料のこと。

 

年会費無料のクレジットカードや、条件付きで年会費が無料になるカード、10万円以上の年会費がかかるカードもあり、年会費といえどピンキリです。

 

最近では年会費が無料のクレジットカードが人気

最近では、年会費が無料なのにお買い物のたびにポイントが貯まるお得なクレジットカードが人気です。

 

年会費が無料とはいえ、クレジットカードとしての機能の他にキャッシング、旅行の傷害保険が利用付帯などの機能もついており、お得な特典が充実しているクレジットカードもたくさん発行されています。

 

年会費が無料のクレジットカードはこんな人におすすめです!

  • 初めてクレジットカードを作る人
  • 大きな買い物にだけ使う予定の人
  • あまり利用する機会はないけど持っていたいという人

 

高額な年会費のクレジットカードはサービスが充実している

年会費が必要なクレジットカードは、通常のショッピング利用の他に空港ラウンジの無料利用や手厚い旅行保険が付帯、秘書サービスなどの買い物以外のサービスが充実しています。

 

年会費を払ってでもそういった他のサービスを利用したい人のためにも、様々なサービスが付帯したクレジットカードが発行されています。

 

年会費無料のカードと年会費有料のカードの違い

年会費無料のクレジットカード

クレジットカードを1年間保持するためにかかるお金は無料。
年会費無料でも様々な特典がついているカードが多いので、入会時には特典を確かめてから。

 

中には「実質年会費無料」や「条件付きで年会費が無料」というクレジットカードもありますので、事前にどういった条件で年会費が無料になるのか確認してから入会することをおすすめしています。

年会費有料のクレジットカード

1000円程度の年会費のものから、30万以上の年会費がかかるものまで、様々な種類があります。
年会費3000円なら、毎年3000円の年会費がかかります。

 

年会費無料のカードに比べると買い物以外のサービスが充実しているので、年会費に見合うだけのサービスを利用するかどうかで所持するメリットとデメリットを判断しましょう。

 

 

クレジットカードを発行するための【発行手数料】

クレジットカードの発行手数料

クレジットカードを新規発行する際に、数百円程度の手数料がかかることがあります。

 

「発行手数料」以外にも「入会手数料」「新規手数料」など様々な名称がありますが、新規入会・カード発行に手数料が必要な場合は申込書にも記載されているのでわかりやすいはず。

 

最近ではクレジットカードの発行手数料が必要なクレジットカード会社はほとんどありません。

 

発行手数料をとることで、自社のクレジットカードを作りたい人が減ってしまうことを懸念し、今後も発行手数料が必要になることはほとんどないといわれています。

 

こんなときは発行手数料がかかります

  • クレジットカードを紛失、盗難で再発行した場合
  • カードの種類を変更して発行してもらう場合
  • 磁気不良などで再発行してもらう場合

 

クレジットカード会社によって、上記理由で再発行してもらう際に手数料がかかることがあります。

 

再発行する際には手数料について確認しておきましょう。

 

クレジットカードで支払いをしたときの【支払い手数料】

クレジットカードの支払い手数料

クレジットカードでお買い物をする際には支払い方法や回数を選ぶことができます。

 

支払い方法や回数によっては手数料がかかることがあるのでご利用の際にはご注意を。

 

支払い方法

金利手数料

一括払い

クレジットカード会社毎に定められた締切日の翌月にお支払いいただく方法で、手数料は不要です。

2回払い

クレジットカード会社毎に定められた締切日の翌月と翌々月の2回にwかえてお支払いいただく方法で、こちらも手数料はかかりません。

分割払い

3.5.6.10.12.15.18回などご希望のお支払い回数をお選びいただけます。回数によって手数料がかわってきます。

ボーナス払い

夏または冬のボーナスで、1回または2回にわけてお支払いいただく方法です。ボーナス1回払いの場合は手数料不要になるカード会社がほとんどですが2回払いになると所定の手数料が必要になります。

リボ払い

利用金額や件数に関わらず毎月の支払金額は一定になりますが、その分所定の手数料が必要になります。

 

簡単にご紹介しましたが、クレジットカードを使いお買い物をした際に、1回もしくは2回で支払えば手数料はかかることはありません。

 

分割払いやリボ払いは分けて払うことができるので高額なものを購入したときやお金がないときは便利ですが、その分手数料がかかってしまいます。

 

分けて払えるのは便利ではありますが、気軽に利用しないようにしたいですね。

 

クレジットカードを退会するときの【退会手数料】

クレジットカードの退会手数料

こちらもごくまれなケースではありますが、クレジットカードを解約する際に解約手数料が必要になることがありますが、特殊なケースがほとんどのため、あまり気にしなくてもよさそうです。

 

もし手数料がかかるのであれば、解約の申請の際に手数料がかかると教えてくれるはず。
手数料を払いたくなければ、そのまま持っていても問題はないでしょう。

 

クレジットカードは手数料や特典のバランスで判断しよう

クレジットカードは手数料や特典のバランスで判断

 

いかがでしたか?

 

クレジットカードを選ぶとき、利用する時に大切なのが手数料や特典のバランスです。
年会費などの手数料を気にするのも大切なのですが、カードに付帯しているサービスやカードを使うことで得られるポイントなど、総合的にみて、選ぶようにしたいですね。

 

もちろん年会費が無料のクレジットカードで一括払いだけでポイントを貯めていくのも賢い利用方法かと思います。

 

手数料について知っておけば、あなたにとって最もお得なクレジットカードを選び、使っていくことができるでしょう。