失敗しない選び方【アメックスのプロパーカードと提携カードの違い】どっちのカードがお得?

アメックスは提携カードがお得?失敗しないアメックスカードの選び方

プロパーカードと提携カードの違い

 

ステータス性が高く、30代以上の男性に人気なクレジットカードといえば、アメックス(アメリカン・エキスプレス)です。

 

アメックスは、クレジットカードの国際ブランドでプロパーカードと提携カードの2種類を発行していますが、あなたはプロパーカードと提携カードの違いをご存知ですか。

 

どちらのカードを選んでも「アメックス」には変わりませんが、どういった点が違うのか、きちんと知らない人も少なくはないと思います。

 

そこで今回はアメックスのプロパーカードと提携カードの違いやどちらかお得なのか、詳しくご紹介していきます!

 

アメックスを作りたいけど、カード選びには失敗したくない方やアメックスの種類を比較して自分にあったものがどれか探している方、ぜひカード選びの参考にしてみてください。

 

 

アメックスには2種類ある【プロパーカードと提携カードの違い】

プロパーカードと提携カードの違い

アメックスのクレジットカードをみてみると、アメックス単体のクレジットカードと、セゾンなどの他のクレジットカード会社と提携して発行しているアメックスのカードの2種類があります。

 

それぞれアメックスには変わりありませんが、なにが違うのでしょうか。

 

早速みていきましょう。

 

プロパーカード

今現在発行されている様々なクレジットカードは、例えば楽天カードやローソンカードなど、クレジットカード会社から発行されています。

 

また、国際ブランドと呼ばれているVisaやJCB、Mastercardは、クレジットカードの決済システムを提供している会社のことです。

 

楽天カードといったクレジットカード会社が発行しているクレジットカードでは、国際ブランドを選ぶことができます。

 

アメックスは、国際ブランドのひとつ。

 

国際ブランドが単体で発行しているクレジットカードがプロパーカードと呼ばれています。

 

つまりアメックスのプロパーカードや提携カードを選ぶと、国際ブランドはVISAやJCBを選ぶことはできません。

 

 

同じ国際ブランドでもプロパーカードを発行している会社としていない会社がある

アメックスやJCB、ダイナースのように国際ブランドがクレジットカードを発行している例もあります。

 

しかし国際ブランド大手のMastercardとVisaはプロパーカードの発行は行っておらず、国際ブランドのプロパーカードがほしければ、アメックスかJCB、ダイナースのいずれかを選ぶことになります。

 

提携カード

提携カードとは、アメックスのライセンスを受け、国内のクレジットカード会社が発行しているカードのことです。

 

株式会社クレディセゾンから発行されているアメックスの提携カードは種類も多く、アメリカン・エキスプレス・カードシリーズは本家のアメックス同様のカードデザインになっています。

 

クレディセゾンの他、ANAやデルタ航空、MUFGカードからもアメックスの提携カードが発行されているので好みや特典を比較して選んでいきましょう。

 

プロパーカードと提携カード【ステータス性の比較】

プロパーカードと提携カードのステータス性の比較

プロパーカードと提携カードは、国際ブランドは同じでも発行会社が異なり、年会費や特典の内容、もちろんカード発行時の審査に関しても異なります。

 

ステータス性が高いのはプロパーカード

例えば、アメックスが審査を行うプロパーカード「アメックスゴールド」と提携カードの「セゾンゴールド・アメックス」を比較してみましょう。

 

年会費を比べてみると、アメックスゴールドカードは29000円+税
セゾンゴールド・アメックスは10000円+税となっています。

 

年会費が約3倍違いますが、提携カードよりも本家アメックスの方が審査が厳しいと有名です。

 

手軽に持つことが可能な提携カードですが、プロパーカードは持てる方が絞られており、よりステータス性が高くなっています。

 

特典内容やお得感が大事なら提携カード

アメックスの提携カードはもちろん、JCBなどプロパーカードと提携カードでは、年会費や特典の内容が変わってきます。

 

先ほどもお伝えしましたが、アメックスゴールドカードとセゾンゴールド・アメックスでは年会費が約3倍の差がありますね。

 

JCBが発行しているプロパーカードとイオンクレジットサービスが発行しているイオンカード(JCB)でも年会費や特典の内容でまったく異なりますので、ステータス性よりもその他の特典が魅力だと感じる方は、プロパーカードにこだわらず選ぶのがおすすめ。

 

例えば楽天カード。

 

楽天カードは国際ブランドを選ぶことができ、VISA、JCB、Mastercard、どれを選んでも国内・国外で利用することができます。

 

楽天カードを選ぶメリットといえば、楽天が提供するサービス(楽天市場内でのお買い物の際カード利用でポイントが倍になるなど…)

 

普段から楽天市場関連サービスをよく利用する方ならJCBのプロパーカードよりも楽天カードをお選びいただいた方が多くの特典を得ることができるでしょう。

 

発行会社と国際ブランド、提携先との関係は?

プロパーカードと提携カード、提携先との関係性

 

では次に、国際ブランドと発行会社との関係を楽天カードを例にしてご説明します。

 

  • カード名:楽天カード
  • 発行会社:楽天カード株式会社
  • 国際ブランド:Visa、Mastercard、JCB

 

カードの発行会社である楽天カード株式会社は国際ブランドである3社の提携カードを発行しています。

 

国際ブランドである3社は私たちカード利用者にとって、決済システムの提供者であり、楽天カード株式会社は利用明細等の発行や返済の管理等を行っています。
今回ご紹介した楽天カードの場合、例えばVisaを選んでいたら、Visaが使える店舗でクレジットカードが利用でき、なおかつ楽天市場内でのカード利用で、ポイント数倍などの様々な特典を得ることができます。

 

楽天カードに限らず他の提携クレジットカードでも同様で、例えばローソンカードの場合

 

  • 提携先がローソン
  • 発行会社はクレディセゾン
  • 国際ブランドはVISA

 

となっており、請求書の発行などはクレディセゾンが行っていますが、ローソンカード1枚でクレジットカードとしても、Pontaポイントカードとしても利用することができます。
現金での利用はもちろん、クレジットカードを利用した際にもPontaポイントが貯まるので、現金のみのpontaカードよりもポイントが貯まりやすいというメリットがありますね。

 

ローソンカードの場合、ローソン(Pontaカード)の特典・サービスを受けることはできますが、セゾンカードの永久不滅ポイントなどセゾンカードとしての特典を受けることはできません。

 

全ての提携カードと国際ブランド、提携先はこのような関係となっています。

 

 

 

プロパーカードと提携カードではどちらがお得なのか

プロパーカードと提携カードはどれがお得なのか

いかがでしたか?

 

プロパーカードと提携カードがどのようなものか、どういった違いがあるかはご理解いただけたと思いますが、どちらがお得と感じるかは個人差があります。

 

クレジットカードの中でもっともステータス性が高いのは国際ブランドが発行しているプロパーカードですが、利用する人によって、どちらがお得なのかは異なります。

 

 

アメックスの場合、ステータス性を求め、多少の出費(年会費)も構わない、海外旅行にもよく行くという方でしたらプロパーカードを

 

年会費はなるべく安い方がいいし、あまり旅行に行く機会はない、でもアメックスのステータス性を求めているという方でしたら提携カードのアメックスでも十分かと思います。

 

あなたが求めているのは、特典なのかステータス性なのか、それによってカードを選ぶのがおすすめです。

 

 

以上、アメックスは提携カードがお得?失敗しないアメックスカードの選び方 でした