驚愕!手軽にアメックスカードを持つ方法【セゾンアメックスカード3種を徹底比較】

セゾン・アメリカン・エキスプレス・カードとは

セゾンアメックスとは

30代以降の男性に人気で、ステータス性の高いクレジットカードといえば、アメックスをイメージする方も少なくはありません。

 

アメックス(アメリカン・エキスプレス・カード)は、クレジットカードの国際ブランドで、国内はもちろん海外でも利用できる店舗が多数あります。

 

利用できる店舗が多い点やアメックスのステータス性から、アメックスに憧れを抱く方も多いのですが、ネックになるのが年会費。

 

アメックスグリーンは12000円+税、アメックスゴールドは29000円+税の年会費がかかります。

 

今まで年会費無料、低年会費のカードを使っていた方は10000円以上の年会費を払うのに、少し抵抗がある方もいらっしゃるでしょう。

 

でも、ご存知でしたか?もっと手軽にアメックスを持つ方法があるんです。

 

それがこれからご紹介する、セゾンアメックスカードです。

 

セゾンアメックスカードとはどういったカードなのかみていきましょう。

 

セゾン・アメリカン・エキスプレス・カードのカード概要

セゾンアメックスカードの概要

セゾンカードは、アメックスも含め全71種類のクレジットカードを発行しているクレジットカード会社です。

 

ローソンや無印良品、パルコカード、ウォルマートカードなど、一度は耳にしたことがある名称も、セゾンカードから発行されています。

 

今回は、セゾンとアメックスのみの「セゾン・アメリカン・エキスプレス・カード」について詳しくご紹介していきましょう。

 

現在、セゾン・アメリカン・エキスプレス・カードは個人向け3種類と法人向けに1種類、合計4種類のカードを発行しており、年会費が比較的安いのに豪華な補償がついているという特徴があります。

 

アメックス本家のプロパーカードはグリーンカードでも12000円+税の年会費と高額ですが、これからご紹介するセゾンアメックスでは、お手軽な年会費で日常的にも使いやすいクレジットカードです。

 

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

 

 

【国際ブランド】
AmericanExpress

年会費

初年度:無料
2年目以降:1000円+税
※前年度に1度以上カード利用で年会費が無料に

家族カード

年会費無料

ETCカード

年会費無料

付与ポイント

永久不滅ポイント

還元率

国内:0.5%
国外:1.0%

付与単位

1000円毎

旅行保険

×

ショッピング保険

×

 

個人向けセゾンアメックスカード3種類の中でも、一番低コストで持つことができるカードがこちら。

 

初年度の年会費が無料で、2年目以降も前年度1度の利用で無料となるので、ほぼ無料でアメックスを持つことができます。

 

しかし、本家のアメックスと比べると付帯サービスには制限があるので、お得感は少ないかもしれません。

 

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス

 

【国際ブランド】
AmericanExpress

年会費

初年度:無料
2年目以降:3000円+税

家族カード 年会費:1枚1000円+税
ETCカード 年会費無料
付与ポイント 永久不滅ポイント
還元率

国内:0.5%
国外:1.0%

付与単位 1000円毎
旅行保険

国内:最高3000万円(利用付帯)
国外:最高3000万円(自動付帯)

ショッピング保険 最高100万円

 

こちらは、セゾンパール・アメックスの上位版カードという感じでしょうか。

 

セゾンパールでの優待価格サービスが無料になったり、旅行保険・ショッピング保険が付帯するなど、実益も兼ねているクレジットカード。

 

年会費は初年度無料、2年目以降は3000円+税とアメックスなのにかなりリーズナブルな設定となっています。

 

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス

 

【国際ブランド】
AmericanExpress

年会費

初年度:無料
2年目以降:10000円+税

家族カード 年会費:1枚1000円+税
ETCカード 年会費無料
付与ポイント 永久不滅ポイント
還元率

国内:0.75%
国外:1.0%

付与単位 1000円毎
旅行保険

国内:本人最高5000万円/家族最高1000万円(利用付帯)
国外:本人5000万円/家族最高1000万円(自動付帯)

 

セゾンアメックスの個人向けクレジットカードの中でも最高ランクのカードがこのゴールドカード。

 

本家プロパーカードに引けを取らない付帯特典なのに、年会費がリーズナブル。

 

さらに初年度の年会費は無料のとてもお得な1枚です。

 

提携カードではありますが、アメックスゴールドカードを持っているというステータスを手に入れることができます。

 

セゾンアメックスの3種類の徹底比較

次に個人向けセゾンアメックスの3種類を付帯特典やカードデザインから比較していきましょう。

 

カードデザイン

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス
セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス
セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス

 

どのカードにも国際ブランドであるアメックスのマークの記載はなく、セゾンカードのマークがあります。

 

デザインは変わらず色が違うだけで大きな違いはありませんね。

 

トラベル優待

次はカードに付帯しているトラベル優待の種類を比較していきます。

 

 

セゾンパール

アメリカン・エキスプレス

セゾンブルー

アメリカン・エキスプレス

セゾンゴールド

アメリカン・エキスプレス

海外用Wi-Fiレンタルサービス

コートお預かりサービス

Hertzレンタカー優待

アメリカンエキスプレス
トラベル・サービス・オフィス

※英語または現地語での案内

手荷物無料宅配サービス

×

海外・国内旅行保険(自動付帯)

×

最高3000万円まで

最高5000万円まで

同行する家族も最高1000万円まで補償

海外アシスタントデスク

×

日本語で対応可能

プライオリティー・パス優待価格

×

×

プレステージ会員が10000円に

国内空港ラウンジの無料利用

×

×

 

セゾンパールに付帯している旅行系の特典は少なめですが、セゾンゴールドになれば特典も充実していますね。

 

その他の優待特典

セゾンパール
アメリカンエキスプレス

セゾンブルー
アメリカンエキスプレス

セゾンゴールド
アメリカンエキスプレス

アメリカン・エキスプレス・セレクト
(アメックス会員限定の優待が受けられるプログラム)

西友・リヴァン 5%オフ

ヘアサロンAsh優待

エルセーヌ優待

リフレーヌ優待

カレコ・カーシェアリングクラブ優待

宅配クリーニングのリネット優待

ロフト優待
(月末の土日1000円以上購入で10%オフ)

×

ノースポート・モール優待

×

スタジオ・ヨギー優待

×

コナミスポーツクラブ優待

×

×

パルコ優待

×

×

アクアクララ優待

×

×

 

トラベル以外の優待特典を比較してみましたが特定店舗での優待が多く、セゾンアメックス会員になったからといって優待が受けられるすべての店舗を利用するのは無理があるかもしれませんね。

 

ポイントでの比較

ポイントサービスは、どのカードもアメックスのポイントではなくセゾンカードの永久不滅ポイントが貯まります。

 

セゾンパールとセゾンブルーの場合は1000円毎に1ポイントの0.5%還元、海外でのショッピング利用の場合は2倍に。

 

セゾンゴールドの場合は国内での利用で1.5倍、海外での利用で2倍となっています。

 

セゾンアメックスはリーズナブルな年会費で実用性が高いカード

セゾンアメックスカードまとめ

いかがでしたか?

 

セゾンアメックスは実用性が高いカード、リーズナブルな年会費でアメックスを所有できます。

 

しかし本家のアメックスと比較すると年会費相応に利用できるサービスが限られているのが欠点。

 

セゾンゴールドは他社のゴールドカード同様にステータスは高いですが、コストが少し高くなってしまいますね。

 

また、海外旅行に強く、コスト面・サービス面でのバランスが良いのがセゾンブルーでしょうか。

 

空港ラウンジの利用も少なく、その他の優待にもあまり魅力を感じなければ、セゾンブルーが一番コスパの良いクレジットカードではないでしょうか。

 

アメックスがほしいけど年会費が気になる、ネックになっているという方はセゾンアメックスも是非検討してみてください。

 

以上、セゾン・アメリカン・エキスプレス・カードとは、でした。